■施設委員会/リポート2013

 平成6年、姫路市サッカー協会ならびに姫路市商工会議所はじめ関係諸団体と連名で姫路市にスタジアム建設を請願し、また平成17年度にサッカーを中心とした多目的使用の人工芝による多面ピッチの建設に向けて姫路市に要望書を提出し、実現に向けて話し合いを重ねてまいりました。その結果、平成21年度に姫路市の基本計画が発表され、市南東部(福泊)の海岸部に複数面の人工芝ピッチ案が発表されました。
 ただ詳細については、まだ提示を受けておりませんので、それらを受けてから委員会ならびに皆さんへ発表したいと思います。
 今後は基本計画に我々の意向をいかに反映させるか、また完成後のピッチの管理や利用面での検討などについて、次の行動計画を提案します。

 1.協会及び関係団体の法人化を含む組織の充実
 2.受け皿事業や今後起こりうる事態に対する研究と研修会
 3.スポーツ環境の変化や姫路市をはじめ公共、民間の施設調査と調整
 4.上記実現のための人材の育成
 5.その他、情報収集を始め積極的な行動を興す

上記事項は前年度提示した物で、できるものから前に進めます。
また、網干エコパで起きたガス事故の影響を受けて工事着工が遅れる可能性もあります。

 
我々はサッカーを取り巻く環境の整備に努めていきます。
すべては、サッカーファミリーのために。
 
 

 

姫路サッカー協会 | ホーム | このサイトについて | 利用規約 | 個人情報 | プライバシーポリシー | お問い合わせ | サイトマップ
  当サイトに掲載されている画像、テキスト等については全て無断で転載する事を禁止します。

copyright(c)2010- himeji Football Association